反射材を世界の安全のため

DMの反射シート

DMの反射シート

DMダオミン・道明光学株式会社は、高速道路及び一般道路の標識や工事看板、各種デリネーターなどの交通安全各アイテムに欠かすことの出来ない、最新技術による反射シートや反射布を幅広く開発製造しています。また、災害時には必需となる蓄光フィルムや、運輸の分野での安全を高めるための高視認性のコンスピキュイティマーキングサインやテープを生産する、世界最大規模の中国反射材トップメーカーです。

道明光学株式会社はその創業時より独自の特許技術により、多岐にわたる反射シートを開発しまして参りました。 そして他の世界各国の大手反射材メーカーと並び立つ、大変重要な競合メーカーとなり、今日に至ります。

2

DMライトブランドとして世に送り出される各反射材製品は、ASTM D 4956、 EN12899、ISO 7591、L-S-300 C、AS/NZS 1906、EN ISO 20471、ANSI 107、 ECE R 104など様々な国際規格に順守し、それらの基準を十分に満たしております。 DM・道明光学株式会社は高品質反射素材の開発、製造、販売に専念し、全てのお客様ならびにパートナーの皆様にご満足頂くべく、全力を尽くして参りました。

DMロンユウ工場

この度弊社は、2015年末の新本部社屋並びに工場の完成に伴い、ハイレベルな超高輝度プリズマティックシートをはじめ全ての反射素材に対し、巨大な生産力を持つに至りました。 浙江省の永康(ヨンカン)の新本部プリズマティック製造ライン及び、龍遊(ロンユウ)にあるガラスビーズ製造ラインをフル稼働させる事により、多くの反射材製品をより多くの世界の皆様にお届けすべく、1000名を超える工場スタッフと50名を超える技術研究員が日夜努力を重ねております。その他2つの自社工場などを含め、広大な生産ラインで私共の反射素材各製品は生産されているのです。

広大な生産ラインのみならず、研究施設も充実している道明光学株式会社の各工場。生産されたプリズマティック反射シートやガラスビーズ反射シート、蓄光シートや反射布などは最新の機器で検査計測され、ガラスビーズが適格に正しく分布しているか、厚みのチェックや温度、粘着層の粘着度合など本当に細かい部分まで日々検査が行われています。

こうして出来上がった道明光学株式会社の各反射素材は、自社工場で丁寧に梱包されて世界に向けて出荷されて行きます。出荷比率は中国国内が最大で、会社全体の生産量の50%以上ですが、ヨーロッパ向けの製品も全体の20%を超えています。南北アメリカ、中東やアフリカなどに市場が広がって行くなか、韓国のマーケットも伸びています。そんな中、今 道明光学株式会社が目を向けているのが日本市場です。日本全国の皆様の安全を守るべく、本社の技術研究スタッフも来日し、各企業とミーティングを重ねて新たな製品の開発や製品普及に努めて参ります。

DM製品梱包

DM・ダオミン道明光学株式会社、私共はこれから先も、世界のそして日本のお客様や安全製品製造メーカーの皆様と共に成長すべく、邁進してまいります。